訃報……アルトサックスの土岐英史君が昨日 亡くなったとのこと………

f:id:nakagawamasami:20210628215629j:plain

僕の愛聴盤…土岐英史「イン・ナ・センチメンタル・ムード」

僕が芸大フルート科の学生だった頃、(多分55年程前)セルマーのアルトサックスを買ったばかりの僕は何処かのライブで吹きたくて   当時、自由ヶ丘にあった「ファイヴ・スポット」に乱入目的で行ったのだが、そこでまだ高校生の土岐英史君がアルトサックスを携えて大阪から上京していて、アルトを吹いていた。

それまで僕は恩師の渡辺貞夫先生しか聴いたことが無かったのだが、そこで聴いた土岐君は本当に高校生??……と疑うくらい凄く上手かった。

嬉しくなった僕は買ったばかりの楽器(アルト)を出して乱入……一緒に土岐君と吹いたのが彼との最初の出会いだった。

僕は当時コードの知識もほとんど無く図々しく乱入したのだが今思うとヒヤヒヤものだった。

それから数年経って土岐君はニュー・ハード・ジャズオーケストラに在籍していたのだが、彼から僕に電話があり「僕もうニューハードを辞めるんだけど、中川さん僕の後に入らない?」と誘いの電話があった。

 僕は当時芸大のオーケストラ「芸大フィルハモニア」からも誘いを受けていたので、考え込んでしまったのだが、クラシックのオーケストラも勉強したかったので、ジャズよりクラシックを選んだので、土岐君には丁重にお断りした記憶がある。

それから10年も経った頃だろうか………僕はフルートでクラシックを勉強しながら、ライブではサックスを吹いて遊んでいたのだが、大野雄二さんや佐藤允彦さんのバンドで土岐君と一緒に演奏する事となる。他にもサックス奏者の先輩諸氏がいらっしゃったので僕はサックスよりフルートで演奏することが多くなっていくのだが、毎回毎回土岐君のサックスには本当に勉強させて頂いた。

僕が好きなアルトサックス奏者はアート・ペッパーフィル・ウッズさん他、勿論 土岐英史くんも……皆さん自分の音色と音楽を持っているのですが、ワンノート吹いただけで納得させられる。一音吹いただけで奏者の歌が胸に訴えてくる。間違いなく土岐英史君はアルト奏者として必要な才能を全てもっていた。

 

最近は土岐君にお会いすることも無くなってしまったが、僕は今までいつも土岐君を尊敬し敬愛していた。又 50年以上前からお付き合いさせて頂いた事に深く深く感謝しています。

土岐英史さん……長い間本当に本当にありがとうございました。[合掌]